NO FOOTBALL, NO LIFE.

タグ:北欧 ( 12 ) タグの人気記事

エッグチェア50周年モデル

エッグチェアの50周年を記念した特別記念限定モデルが発売されたらしい。

世界限定999台らしいですが、100万円越えとお値段もスペシャル。

もちろん買えないけど、どんなもんかだけ見に行ってみようかな...。

d0045179_092679.jpg


THE EGG-50TH ANNIVERSARY(エッグチェア50周年特別記念モデル)
[PR]
by notitle2005 | 2008-02-22 00:16 | インテリア

AJ Floor

フロアランプを買いました。

d0045179_233023100.jpg

louis poulsenのAJ Floorです。
これはアルネ・ヤコブセンがSASロイヤルホテルを設計した際にデザインした物。

スワンチェアの横に設置。
いい感じです。

d0045179_23381060.jpg

louis poulsen
[PR]
by notitle2005 | 2007-06-26 23:46 | インテリア

Snowballの調光を検討してみる

先日買ったSnowballですが、200Wだとかなり明るい。暗くして雰囲気を出したい時ってありますよね。明るさを変えるには電球を換えるしかないのかなと思ってました。ところが、世の中には調光器って便利な器具があるんですね。電球の明るさを自在に変えられる物です。

そういえば、会社にもつまみを回してダウンライトの明るさを変えられるのがあったな。あれは特別なライトでもなんでもなく、調光器を使っていただけだったのか...。

かなりの無知ぶりが露呈。

気を取り直して、調光器について調べてみました。

一般的な物は壁埋込タイプの調光器みたいですね。壁に付いてるスイッチを調光機能付きのスイッチに交換するだけです。もちろん、電気工事が必要となります。実は第二種電気工事士の資格を持っているので、自分でやっても法律的には問題ない...はず。安全かどうかはまた別の話ですが。昔取った杵柄と言うか、いやまったく覚えてませんけど...。

しかし、現在住んでいる所は賃貸。普通なら諦める所ですが、こっそり交換して、出て行く時にこっそり元に戻せばいいって話もありますよね(あるのか!?)

ところが、現在の住まいの長方形のパネルの壁のスイッチにはペンダントライトと廊下の照明のスイッチが2個ついています。調光機能付きスイッチはというと、自分が調べた範囲では長方形のパネルに1個のスイッチのみ(ON/OFF以外に調光のつまみやスライドがついているので)。廊下の照明のスイッチは諦めるか(玄関側にもスイッチはある)、壁に穴をぶち明けて2列のパネルのスイッチを取り付けるか。前者はともかく、後者は良識ある?住民としては不可能です。っていうか当たり前ですね。

これじゃあいかんって事で他になんか方法がないかなと探してみました。

スタンドライトとかだと、コンセントとスタンドライトのコンセントコードの間に取り付ける調光器なんてのもあるみたいですが、引掛シーリング用のそれに相当する物は存在しないようです。

結論としては、現状だとSnowballの調光はかなり難しい。

うーん、どうにかならんもんか。
 
[PR]
by notitle2005 | 2006-07-05 01:07 | インテリア

PH Snowballが届いた時は

ちなみに、購入したPH Snowballはこんな箱に入っていました。
写真だとよく分からないかもしれませんが、結構大きいです。

この先、引越する時の為に箱は置いておいたほうがいいかなと思いつつ、
場所とるしどうしようかな。

スワンチェアの箱はでかすぎるから捨ててしまったけど...。

d0045179_0133764.jpg
d0045179_0134574.jpg

[PR]
by notitle2005 | 2006-06-24 00:20 | インテリア

PH Snowball

d0045179_23135262.jpg注文していたPH Snowballが届きました。Denmarkはlouis poulsen社のペンダントライトです。デザイナーはPoul Henningsen。PHとは彼の頭文字です。8枚のシェードによって光源が直接目に入らないように設計されており、柔らかい間接光だけが周囲に広がります。

そのままだとコードは1.5m。長過ぎるのでコードリールを買い、それにコードを巻き付けて長さを調節しました。200Wの白熱灯だと結構明るいので、100Wに落として他の照明と組み合わせても良いかもしれません。(追記:100Wだと電球の形状が変わり、200Wと同じ形なのは150Wまでみたいです。)

設置したら部屋の雰囲気がかなり変わりますね。ライトを見るとついついにんまりしてしまいます。それにしても、箱が以外に大きかったのでびっくりしました。

椅子にコンポ(というかラジカセか?)と気付けば北欧系のアイテムが増加。 

louis poulsen
 
[PR]
by notitle2005 | 2006-06-21 23:49 | インテリア

The Swan

注文してから3ヶ月後、首を長くして待っていたスワンチェアが今朝届きました。
箱は玄関ぎりぎり(汗)なんとか入って良かったです。

d0045179_14415453.jpg
d0045179_1442352.jpg
d0045179_14421142.jpg
d0045179_14422093.jpg


関連記事
スワンチェアの納期
スワンチェアその後
スワンチェアの下見
 
[PR]
by notitle2005 | 2006-04-01 10:01 | インテリア

スワンチェアの納期

昨年12月の後半に注文したスワンチェア。

ILLUMS横浜の店長さん(?)から大まかな納期の連絡がありました!!

3月末には入荷されるらしいです。

うーん。決まって嬉しいような、あと一ヶ月も待たないといけないのかというような複雑な気分です。

でもやっぱり嬉しい気持ちの方が大きいですね。
 
[PR]
by notitle2005 | 2006-02-27 23:27 | インテリア

スワンチェアその後

以前にスワンチェアの下見に行った事などをブログに書きましたが、そういえば買った事を書いてなかったな...。

って訳でスワンチェア買っちゃいました。
買ったと言っても受注生産品なので届くのは4月頃な訳ですが。デンマークから船に乗って届きます。

布地はHallingdalの123番。グレーとベージュの糸を使った布地です。

届くのが楽しみだ〜〜早く来ないかな〜〜〜
 
[PR]
by notitle2005 | 2006-01-23 00:53 | インテリア

スワンチェアの下見

買おうと思っているスワンチェアですが、色をどうしようか迷うので実際に店に見に行ってみる事にしてみました。

ちなみに、スワンチェアとは、デンマーク人の建築家であるアルネ・ヤコブセンが設計を担当したコペンハーゲンのSASロイヤルホテルの為に彼自身がデザインしたチェアです。形が白鳥を彷彿とさせる事からThe Swanと名付けられました。ヤコブセンがデザインした物で他に有名なものはアントチェア、セブンチェア、エッグチェアとかでしょうか。今だとちょうど日産TEANAのCMにヤコブセンがデザインした物が登場しています。もちろんスワンチェアも。(ここのGALLERY→TVCMで放映中のCMが見れます)

まずはILLMUSの池袋店へ。横浜店の数倍の規模だったので期待していましたが、スワンチェアは横浜店と同じ黒レザータイプの同じ物しかありませんでした。ショックです。気を取り直してファブリックの見本が無いか訪ねてみたところ、あるとの事。どれどれ、と見せてもらったところ...。

店員「ファブリックはこれらの4種類があります」
俺「はい(え?レザーと布地の二種類じゃないん??うーんどうしよう)」
店員「あと色はそれぞれこれだけの種類があります」
俺「そうなんですか(げっ。さらに色だけでも70種類くらいはあるんちゃうん。素材によって違うし...。)」
俺「張り替えって出来ないんですよね〜」
店員「出来なくはないんですが、デンマークに輸送して張り替えとなると定価の7〜8割ほどはかかってしまいますので新しく買われるお客様が多いです」
俺「そうですか。(そりゃそうだ)」

って訳で、ただでさえ色で悩んでいたのに、サンプルで膨大な種類の色を見せられ一気に混乱。まずは素材をどうするかですが、レザー、スウェードっぽい素材、Hallingdal、Tonusというファブリックの種類があり、とりあえずレザーは高い、スウェードは使ってるうちにこすれて微妙になりそうってことで却下。HallingdalとTonusの違いは、どちらもウール地ですが、縫い目が粗いか細いか(でいいのかな?)。Hallingdalのほうが荒くてざっくり感があり、色の違う2本の糸を使っているカラーも。Tonusはすべて単色です。Tonusのほうが触った感触がすべすべしていいかなくらいで、正直、こっちだ!ってほどのインパクトはどっちにもありません。しばらくサンプルを眺めて考えてましたが、やっぱり実物を見ずに想像だけだと怖い。ってことでとりあえず店を後にする事に。

次は新宿にあるACTUSという店へ。新宿駅から10分で御苑大通り沿いという静かな場所にありましたが、店の中には意外に人が居てびっくりしました。入り口付近にはカフェが併設されているんですが、そこにはなんとスワンチェア、エッグチェア、PK22等の北欧家具が惜しげも無く使われていました。驚き! どんなカラーがあるんだろうと外からじろじろと眺めていたら、グレーのスワンチェアが目に止まりました。おぉグレーかっこいいかも。既に人が座っていましたが、気付かれないようにちらちら見てしまいました(笑)そのスワンチェアに後ろ髪を引かれつつ、店内を見て歩いたところ他にもスワンチェアがあるある。最初からこっちの店に来てれば良かったなぁ〜。って訳で色はグレーにほぼ固まったところで、もうちょっと考えようと店をあとにしました。

そして、横浜に帰ってきたら、またILLUMS横浜店に行ってみました。ここでもサンプルを見せてもらい、今度はこのサンプルを写真撮らせてもらえないですか?と駄目もとで聞いてみたところ、よろしければカラーコピーをお取りしますよとの返答が。ぜひお願いしますとサンプルのカラコピーをもらってきました。スワンチェアーは受注品なわけですが、ついでに納期がどれくらいになるかを聞いてましたが、ホリデーシーズンを挟んでいるので、4.5ヶ月くらいはかかると見積もると来年4月くらいになるとのこと。やっぱそれくらいかかるかぁ。実際に聞くと長いなぁと感じます。とにかく、サンプルを見てもう一度要検討です。
 
[PR]
by notitle2005 | 2005-12-06 23:27 | インテリア

Beo 4

BeoSound 1用に純正のリモコンであるBeo 4を購入。

手に持つとずっしり重みがあり高級感がありますが、うっかり足の上に落とすと悲惨な事に(笑)
音量調整にも立ち上がって操作しにいかなければならず面倒でしたが、やっと解消されました。ただ、B&O全製品がコントロール出来るリモコンなので使わないボタンがいっぱいあります。いつか使う日は来るかなぁ。

d0045179_23263739.jpg


ついでに5 Pin DIN-RCAの変換プラブと80周年を記念したヒストリーブックを購入。
B&O製品は5 Pin DINという特殊な形状のプラグがAUX入力に使われているので、例えばiPodなどを繋いでBeoSound 1で聞こうとすると一般的なRCAプラグに変換しないといけません。

早速iPodのDockのLine Outからケーブルで繋いでみたんですが、音が小さくなったりノイズみたいな物が入ったり、安定している時もあるんですがちゃんと音が出ない...。なんで!? うーーん。これは一体どっちに問題があるんだろうか。

d0045179_23264934.jpg
d0045179_2327154.jpg

 
[PR]
by notitle2005 | 2005-11-19 23:28 | B&O